カテゴリー

性的機能障害を改善

タダポックスとは、一錠の中に異なる作用を持つ成分を二種含有する事により一度に二つの疾患の改善を行う事が出来るとされる後発医薬品となり、それぞれの成分には先行医薬品が存在しており、成分の内の一つダポキセチン60mgは世界的にも経口による内服によって早漏改善が出来ると効用を認められている抗鬱剤プリリジーと同一成分、同一用量単位とされ、性交前に投薬する事で障害となる早漏症を改善する効果を得る事が出来るとされ、6000人を対象とした臨床でも持続平均時間を四倍迄に高める事が出来るとされ七割以上の方に有効性を示す成分となります。
又、もう一つタダポックスに含有されている成分は国内でも最新のED治療薬とされるシアリス成分タダラフィル20mgを含有しており、長時間の持続性を誇る成分となる事から投薬を行った日から翌日まで効果を持続させる事が可能とされ少ない投薬回数で約一日半もの間、好きな時に性交を営む事ができ、陰茎が一定の硬度になる様に血管を拡げ、行為中に起こる中折れ等も防いでくれるので持続力を高める事も出来るとされています。
ダポキセチンの作用としては、人の気持ちを落ち着かせる事に関わる神経を落ち着かせる為に5HTが再取り込みされる事を阻害する事で濃度を上昇させ、神経を活性化させる事により脳の興奮状態を鎮静化する事が出来るとされており、早漏症は脳の異常興奮が一つの原因とされているので作用によりそれを抑制する事ができ、上記に記した様な射精迄の時間を遅滞させる事で早漏改善に結び付くと考えられています。
タダラフィルの作用としては血管の拡張作用とされ、勃起状態発現の為には体内分泌させるcGMPという平滑筋弛緩物質が必要不可欠とされ、これを分解する海綿体に有る酵素5型のホスホジエステラーゼを阻害する事で分解を抑制し、筋肉が弛緩される事で血管が拡がり多量の血液が海綿体へと輸送される様になり、刺激や興奮を催す事で硬度を保った勃起状態を起こす事が出来るとされています。